カテゴリー別アーカイブ: アジアのFTA、EPA

フィリピンのFTA

フィリピンは二国間FTA協定としては、日本との経済連携協定があるのみで、あとはASEAN諸国の締結するFTA協定を使うことが出来ます。日本以外の二国間の通商関係の協定としては、米国との間で投資に関する枠組み協定を結んでい […]

マレーシアのFTA、EPA

マレーシアは領土が狭く、市場も小さいため、貿易への依存度が高く、貿易額は実にGDPの2倍以上にもなります。このため、通商政策として、各国との貿易協定の締結も積極的に行っています。 多くのWTO加盟国と同様に、原則としては […]

シンガポールのFTA

シンガポールは貿易立国であり、各国の仲介貿易のハブとしても優れた機能を有しています。通商協定の締結に関しては非常に積極的であり、ASEANの加盟国でもあるため、ASEANの締結するFTAや経済連携協定の活用も出来ます。ハ […]

香港のFTA

香港はイギリスから返還後、現在は中国の領土の一部ではありますが、一国二制度のもと、経済的・社会的な分野については条約の締結主体となることができます。逆に言えば、中国が締結した協定については、香港も締結しない限り、利用する […]

韓国のFTAとEPA

貿易依存度の高い韓国はFTA・EPA協定の締結を強力に進めており、米国・EU・ASEANなどの大きな経済圏をはじめ、多数の国と地域との間で戦略的な関係を築いています。チリやシンガポールなどと並び、FTA・EPA先進国の一 […]

インドネシアのFTAとEPA

インドネシアとの取引では、条件を満たせばASEANが他の国や地域と締結しているEPA・FTAを活用することが出来ます(但し、通常、発効は国別に行うため、インドネシアで発効済のものに限ります)。2012年度には、オーストラ […]

タイのFTAとEPA

タイは二国間協定のほかに、ASEANのメンバーとしても協定を結んでいます。条件を満たし、複数の協定が使える場合は、使う協定を輸入者(輸出者)で選ぶことが出来ます。 クーデターを期に、タイとの経済関係を見直す動きがあり、米 […]

インドのFTAとEPA

インドは各国とのFTAやPTAの締結に積極的で、日本との間にも2011年にEPAが発効しています。地理的に近いスリランカやネパール、ブータン、バングラデシュなどの南アジア諸国と経済的にも強い結びつきがあります。多国間協定 […]

ベトナムのFTAとEPA

ベトナムは2007年にはWTOへの正式加盟が実現し(150番目の加盟国)、今まで個別協定を結んでいなかった国との取引においても最恵国待遇が約束されることとなり、市場アクセスも格段に向上しました。 ベトナムとの貿易では、条 […]

ASEANのFTAとEPA

ASEAN加盟国はブルネイ、カンボジア、インドネシア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムの10カ国ですが、協定によっては発効日や条件、タリフスケジュールなどが国ごとに異なることがあり […]